集客ユニットのリーダーに、私は挑む

神谷 詩帆2016年 新卒入社

サービス統括本部
ビジネスプランニング部/マネージャー

※登場する社員は仮名表記です。

あなたの仕事内容を教えて下さい

ビジネスプランニング部という部署で、PontaWebやユーザーの方々にアンケートを行うPontaリサーチ、ゲームサイトのPontaPLAYなどのオンラインサービスを中心に、利用ユーザー拡大のための集客企画を担当しています。

まずは会社の事業計画に基づいて集客目標値と予算の計画を立てます。その後、ユーザー数や利用状況をモニタリングしながら、課題抽出して改善策を打ったり、キャンペーン等の新しい仕掛けを実施したりします。

以前は各サービスやプロダクトのチームが、それぞれ集客施策も行なっていたのですが、2019年度からは専門チームとして6人体制の「集客企画ユニット」が新しく設けられました。そこで私が入社4年目でリーダーを任せてもらうことになったのです。入社以来、一つひとつの仕事で、求められていることをしっかりと理解して、期待以上のものを返すことを心がけてきました。その姿勢を評価してもらったようで嬉しいです。

私がロイヤリティ マーケティングへの入社を決めた理由の一つには、決して大きくない会社規模でありながら、世の中で広く使われているサービスを運営し、多くの企業と提携している会社なので、20代前半からいろいろな経験を積むチャンスを与えてもらえそうという期待がありました。こうして実際にユニットリーダーというチャレンジングな役割を任せてもらえることになり、刺激のある毎日を過ごせています。

仕事の魅力・やりがいは何ですか?

集客企画は、会社の事業計画にもとづいて各サービスの集客計画を策定し、状況をモニタリングしながら、施策を考えて実行することで目標数値を達成させる仕事。明確なゴールに向かってミッションを持ち、数字として表れる結果に手応えを感じられます。

さらに、施策を実現するために、営業やプロダクト開発、クリエイティブ制作、分析といった様々な担当者と連携しながら、新たなチャレンジをすることがたくさんあります。
既存の枠組みにとらわれず、提携企業やユーザーにとって価値あるものをチームで作り上げていくことができるのは大きな魅力です。

2019年に営業、プロダクト、集客、分析の連携体制が発足したPontaリサーチでは、各担当者が密に連携して良い結果が出ています。
Pontaリサーチの営業利益拡大という共通のゴールに向かい、私は集客担当として、アンケートに答えてくれる会員数を増やすための獲得計画を推進しました。当初は計画達成することがとても難しく思えていましたが、ポイントプレゼントキャンペーンの打ち方を10パターン以上テストして、最適な方法を分析。また、登録導線の課題解決策をシステム開発で実現。現在は改善された導線で最適なキャンペーンを打てるようになったことで、計画達成への道筋が見えています。

集客企画の仕事は、目標達成に向かって進む確かな手応えや、様々な部署と連携する中で視野の広がりを実感できます。さらに、うまくいった施策を他のサービスにも「横展開」して活かすことが、私たち集客企画ユニットだからできることだと考えています。すべてのサービスにおいて集客は重要なテーマですので。

仕事をする上で、
どのような「行動」を心がけていますか?

リーダーになる前の私は「与えられた仕事を、自分がしっかりやればいい」と考えがちで、人に仕事を振るのは少し苦手でした。
でも、新しい役割を担うユニットのリーダーになってからは「どうすればチーム全体で力を発揮して、会社に貢献できるのか」と考えるようになりました。やっぱり一人の力には限界がありますが、皆で力を合わせた方が大きな結果を出せます。

一人ひとりのメンバーが力を発揮して、チームの力を最大限出すためにリーダーとして心がけたのは、業務を始めるときに「自分にできるイメージをもってもらう」こと、そしてその後は「しっかりと任せる」こと。その上で、わからないことや迷っていることを聞かれた時は、どんなに忙しい時でもしっかりと話を聞くように決めて、精一杯答えるようにしています。
私も入社4年目でまだまだ知識や経験が足りないと自覚することもあり、リーダーとしても模索中です。でも、メンバーが成長してくれている姿を見ると、すごく嬉しいですね。

また、施策情報や分析データを営業担当やプロダクト担当とディスカッションしたり、社内で自由に閲覧してもらえるよう整理したり、誰もが利用できる知見になるように心がけています。
そのうちに「こういう過去のデータはある?」「こういうキャンペーンはできる?」と相談してもらえるようになりました。
このユニットが機能してきたんだなと感じ、嬉しく思っています。

こうして1年間、いろいろな取り組みを進める中で、チームだからこそできる役割の大きさを、あらためて実感しています。

これから挑んでいきたいことはなんですか?

時には目の前の業務に追われたり、ぶつかった課題に頭を悩ませたりします。ただ、ロイヤリティ マーケティングは既存の枠にとらわれない取り組みにチャレンジでき、新しい価値を生み出していける会社です。

だからこそ、まずは自分が「ぜんぶ楽しむ!」という気持ちでいます。そして、Pontaユーザー、一緒に仕事をする社内の方、提携企業の方、自分が向き合うすべての方に、もっともっと価値のあるものを届けていきたいです。


他のメンバーの話を聞く

プロジェクトストーリー

私たちはチームで情報流の革新に挑戦しています。そのプロジェクトの一例をご紹介します。

CREATE CHANGE あなたは、どう挑む?

会社説明会・インターンを随時行っています。