データアナリストの枠を
超えた価値の提供に、私は挑む

稲田 麻沙美2017年 新卒入社

ポイント事業本部
コンサルティングチーム アナリスト

※登場する社員は仮名表記です。

あなたの仕事内容を教えて下さい

営業統括グループの中にあるポイント事業本部パートナーサポート部という部署に所属しています。
主な業務内容は9,000万人以上のPonta会員のデータや、クライアント企業(提携企業)が保有する顧客データなどを基に、データアナリストという立場から、クライアントが抱える課題を解決するためのソリューションを導き出すこと。そのために営業担当と一緒にクライアントの声を聞き、データを分析し、解決策の提案を行なっています。

例を挙げると、現在、担当している不動産大手「空室をなくす」という課題解決のため、Pontaのデータを使って分析を行いました。
具体的には、まずクライアントが所有する物件に住んでいる人と、周囲に住む人たちの属性をPontaのデータを基に比較しながら把握します。
その上で、今後契約する可能性のあるターゲット層を明らかにして、「どういった広告やプロモーションなどの打ち手が効果的か」といったマーケティング提案を営業と連携して行うなど、日々お客様の課題解決のサポートをしています。

仕事の魅力・やりがいは何ですか?

入社理由にもつながるのですが、私は数学が好きで、大学のマーケティング関係のゼミで統計学やデータ分析を専攻していた経験から、ビッグデータに興味を持つようになりました。
自分がどの業界に興味があるのか、向いているのかはわからないけれど、日々いろいろなところに蓄積されているデータを使って、世の中に役立つような仕事がしたい。そのような思いの中で、ロイヤリティ マーケティングの「さまざまな業界に対して」「日本最大級の会員数の膨大なデータを使って」ソリューションを提案できるところに魅力を感じました。

実際、多種多様なクライアントの要望に応えるために、データを分析し、世の中によりよいサービスを提供していけることは、アナリストとしてのやりがいとなっています。
当社では、データ分析にあたって一概に紋切り型の「これ」という「型」を求められません。それゆえに自分自身でクライアントにとって最適なデータの活用方法を考えることができ、これも仕事の魅力のひとつとなっています。自由度が高い分、常に責任を持って積極的な姿勢で仕事に向かえていると思います。

また、アナリストという立場ではありますが、データを分析するだけでなく、企画から営業的な動きまで幅広く携われるところにも、大きなやりがいを感じています。
実は、入社する前は営業をすることに漠然としたイメージで苦手意識を持っていました。しかし入社後、自分が学んで得意としてきたデータ分析が営業やプランニングにつながり、営業と一体となってクライアントへ価値を提供するこの仕事に、とても面白さを感じるようになりました。

入社後、一番の「挑戦」は何でしたか?

先ほどお話しした不動産業のクライアントは、当社のお取引先の中でも、規模が大きい企業です。そのような大きなプロジェクトを入社2年目に差しかかる時期に担当することになり、自分の仕事を評価してもらえたのかな、と嬉しく思う反面、非常に大きなプレッシャーを感じました。
そのため、引き継ぎも含めてクライアントとの信頼関係を維持していくためには、私が責任を持って役割を果たさなければ! と身を引き締めて臨みました。前任者や上司、営業の担当者などの協力を得ながら、チームで乗り越えました。

ある時、そのクライアントで顧客接点の現場を担う支店のご担当者の方に対して顧客分析結果を説明する機会がありました。よい反応と評価をいただけて、ホッとしたのと同時に、本社だけでなく現場の方にも有益なものを提供できたことに達成感を覚えました。

仕事をする上で、どんなことにこだわっていますか?

データ分析の業務に携わる中で、「データ分析すること自体は仕事の本質ではない」ということを忘れないようにしています。

本質はクライアントやその先にいる生活者に価値を提供することで、分析とはあくまでもそこに至るまでの手段のひとつです。クライアントの本質的な課題は何か? それを解決するためにどういう分析が必要なのか? もちろん高度な分析も必要ですが、まずは、例えば「この地域にはこういう人が住んでいるだろう」と担当者の方が当たり前に感じていることを、客観的なデータで提示することが大事なことなのだと、仕事をするうちに気づきました。

また、データアナリストとしての考えをきちんと発信することで、より適切なフィードバックや知見を得られます。コミュニケーションを大切にして、わからないことがあれば、クライアントにも何度も聞くようにしています。
私自身は数字で冷たく語られるのは好きではないので、温かみを持って、相手の立場に立って分かりやすくデータ分析の結果を伝えるように気をつけていますね。

将来的にどんなことに「挑戦」したいですか?

クライアントへの提案内容などに、データによる客観的な裏付けをしつつ、そこに分析から得られた新たな発見を追加できるのは、データに携わることの利点だと思っています。
将来は「目の前」のデータ分析だけではなく、データアナリストの枠を超えた価値提供を行なえる存在になりたいです。


他のメンバーの話を聞く

プロジェクトストーリー

私たちはチームで情報流の革新に挑戦しています。そのプロジェクトの一例をご紹介します。

CREATE CHANGE あなたは、どう挑む?

会社説明会・インターンを随時行っています。